CARDIOVASCULAR
hamburger
product photo

ノンレスポンダーのための多様なオプション

Quadra Allure MP™ CRT-P は、アボット独自の技術である MultiPoint™ ペーシングを搭載する植込み型両心室ペースメーカ(CRT-P)です。

販売名:クアドラ アルーア MP
承認番号:22900BZX00168000
製造販売会社:アボットメディカルジャパン合同会社

MultiPoint™ ペーシングは、心臓再同期療法(CRT)の反応を高めることが示されています1。アボットは 4 極リードの標準治療に基づき、より多くのペーシングオプションを提供します。

Quadra Allure MP™ CRT-P とアボットの MRI 対応リードをともに使用することにより、患者様は MRI スキャンを受けることが可能になります。このデバイスは、1.5 T(テスラ)の MRI スキャン装置でより安全に使用できることが検証されましたa

1 本のリードで 2 ヵ所を刺激。CRT レスポンダーに対するオプションの追加

Quadra Allure MP™ CRT-P は、MultiPoint™ ペーシングと患者様の遠隔モニタリング用の RF テレメトリを備えた 4 極システムです。MultiPoint™ ペーシングは、単一の Quartet™ 左室(LV)リードから 2 ヵ所へ LV パルスを送り出し、より多くの心筋組織を刺激します1-3

MultiPoint™ ペーシングに関する研究結果
米国 IDE 試験:転帰の改善に関するエビデンス4

最近の IDE 試験4での事後サブ解析(n = 199)では、陰極間隔をより広くとり、心室内タイミング遅延をほぼ同時発生させることにより、87% が MultiPoint™ ペーシング にベストなレスポンスを示し、54% がスーパーレスポンダーでした(患者 52 人)4

MultiPoint™ ペーシングに関するその他の結果
  • 収縮末期容積 15% 未満における 12 ヵ月での MultiPoint™ ペーシングのレスポンス率は 90%5
  • Packer score における 12 ヵ月での MultiPoint™ ペーシングのレスポンス率は 90%5
  • 4 極リードを使用した従来の両室(BiV)ペーシングと比較し、12 ヵ月での CRT レスポンスの絶対改善率は 19%6
  • 4 極リードを使用した従来の BiV ペーシングと比較し、12 ヵ月でのノンレスポンダーの相対減少率は 44%6
電気的、機械的および血行動態的な利点
  • MultiPoint™ ペーシングが従来の BiV ペーシングと比較して、興奮伝達時間と QRS 時間が短縮した7
  • MultiPoint™ ペーシングの使用により、組織ドプラ法で測定した被験者 41 人中 63% で機械的同期不全が 20% 以上減少した3
  • BiV ペーシングと比較し、MultiPoint™ ペーシングの使用により、プレッシャーワイヤーで評価した患者の 84% で急性左室収縮能が改善した8
  • 複数の研究で 6 ヵ月間の QRS 時間、EF および ESV の改善が示された9-11
プログラミングオプションの増加
  • SyncAV™ CRT は、患者の心臓のリアルタイムの状態変化に基づき自動的にペーシングを調整する技術です。
洞察力のある診断法と RF モニタリングによる心不全の管理

Quadra Allure MP™ CRT-P は、直観的なプログラミングオプションと、RF モニタリングを介した心不全診断に関する重要なデータへのタイムリーなアクセスにより、患者様の心不全の管理を向上します。

  • CorVue™ うっ血モニタリングにより、早期の心不全増悪の洞察が可能
  • AF の変化に対する AT/AF アラートを使用した日常の遠隔モニタリング
  • DirectTrend™ レポートにより、すべてのデバイスデータを容易に確認
組織選択を最適化する設計

Quadra Allure MP™ CRT-P は、以下の機能のある Auto VectSelect Quartet™ テストを搭載しています。

  • RV-LV 伝導遅延測定を介した最新の活性化から組織部位を自動的に識別します
  • 閾値を分析し、LVCap™ Confirm の適用性を査定し、PNS をマーキングします

最新の活性組織部位へのペーシングは、以下を改善します。

  • 急性血行動態の反応12
  • 逆リモデリング13
  • Quality of life13
包括的な心不全管理を実現

Quadra Allure MP™ CRT-P は、当社の心不全管理療法の 1 つです。当社は、技術開発によって優れた臨床転帰およびワークフローと効率の向上を達成し、心不全治療に変革をもたらすことをビジョンとして掲げています。当社の心不全管理に対するアプローチの詳細をご覧ください。

 
REFERENCES

a. 認可済み MR 条件付きシステム装置/リードの組み合わせおよびスキャンパラメータについて、MRI 対応システムのマニュアルを参照。
1.Pappone, C., Calovic, Z., Vicedomini, G., Cuko, A., McSpadden, L. C., Ryu, K., … Santinelli, V. (2014).Multipoint left ventricular pacing improves acute hemodynamic response assessed with pressure-volume loops in cardiac resynchronization therapy patients.Heart Rhythm, 11(3), 394-401. http://dx.doi.org/10.1016/j.hrthm.2013.11.023
2.Rinaldi, C. A., Kranig, W., Leclercq, C., Kacet, S., Betts, T., Bordachar, P., … Nagvi, T. Z. (2013).Acute effects of multisite left ventricular pacing on mechanical dyssynchrony in patients receiving cardiac resynchronization therapy.Journal of Cardiac Failure, 19(11), 731-738. http://dx.doi.org/10.1016/j.cardfail.2013.10.003
3.Endrj, M., Ballari, G. P., Goletto, C., Rossetti, G., & Vado, A. (2015).Characterization of ventricular activation pattern and acute hemodynamics during multipoint left ventricular pacing.Heart Rhythm, 12(8), 1762-1769. http://dx.doi.org/10.1016/j.hrthm.2015.04.029
4.Tomassoni, G., Baker II, J., Corbisiero, R., Love, C., Martin, D., Sheppard, R., Worley, S., Varma, N., Niazi, I. (2016, May).Safety and efficacy of multipoint pacing in cardiac resynchronization therapy: The MultiPoint Pacing (MPP) IDE Study.Presented at the meeting of the Heart Rhythm Society, San Francisco,CA, LBCT 01-03.
5.Zanon, F., Marcantoni, L., Baracca, E., Pastore, G., Lanza, D., Aggio, A., … Prinzen, F. (2016, April).Acute optimization of left ventricular pacing site plus multipoint pacing improve remodeling and clinical response of CRT at one year follow up.Presented at the meeting of the American College of Cardiology, Chicago, IL, Abstract 1194M-03.
6.Pappone, C., Ćalović, Ž., Vicedomini, G., Cuko, A., Mcspadden, L. C., Ryu, K., … Santinelli, V. (2015).Improving cardiac resynchronization therapy response with multipoint left ventricular pacing: Twelve-month follow-up study.Heart Rhythm, 12(6), 1250-1258. http://dx.doi.org/10.1016/j.hrthm.2015.02.008
7.Menardi, E., Ballari, G. P., Goletto, C., Rossetti, G., & Vado, A. (2015).Characterization of ventricular activation pattern and acute hemodynamics during multipoint left ventricular pacing.Heart Rhythm, 12(8), 1762-1769. http://dx.doi.org/10.1016/j.hrthm.2015.04.029
8.Thibault, B., Dubuc, M., Khairy, P., Guerra, P. G., Macle, L, Rivard, L., … Farazi, T. G. (2013).Acute haemodynamic comparison of multisite and biventricular pacing with a quadripolar left ventricular lead.Europace, 15(7), 984-991. http://dx.doi.org/10.1093/europace/eus435
9.Forleo, G. B., Santini, L., Zanon, F., Di Stolfo, G., Baracca, E., Lucciola, M. T., ...Potenza, D. R. (2015).A new algorithm for multi point pacing in cardiac resynchronization therapy: Feasibility from a multicenter experience.Heart Rhythm, 12(Suppl. 5), S220, HRS poster PO02-190.
10.Forleo, G. B., Santini, L., Potenza, D., Di Stolfo, G., Locatelli, A., Baracca, E., ...Zanon, F. (2015).Impact of Multi-point left ventricular pacing on QRS duration and left ventricular ejection fraction: Preliminary results from a multicenter prospective study.Heart Rhythm, 12(Suppl. 5), S388, HRS poster PO04-183.
11.Park S. J., Chun, K., & Park, K. (2015).More favorable electrical and mechanical reverse remodeling after cardiac resynchronization therapy with quadripolar versus conventional bipolar lead.Heart Rhythm, 12(Suppl. 5), HRS abstract AB28-05.
12.Yu, Y., Auricchio, A., Butter, C., Stellbrink, C., Vogt, J., Goehring, A., & Spinelli, J. (2002).Assessment of resynchronization effectiveness of left ventricular lead site.Journal of Cardiac Failure, 8(4S), S72.
13.Gold, M., Birgersdotter-Green, U., Singh J., Ellenbogen, K., Yu, Y., Meyer, T., ...Tchou, P. (2011).The relationship between ventricular electrical delay and left ventricular remodeling with cardiac resynchronization therapy.European Heart Journal, 32(20), 2516-2524. http://dx.doi.org/10.1093/eurheartj/ehr329

MultiPoint™ ペーシング関連のエビデンスの蓄積

米国 IDE 試験
安全性と有効性のエンドポイントを満たす1

近年、MultiPoint™ ペーシングに関して Tomassoni らが米国 IDE 試験において以下を示しました。

  • 安全性:システム関連の合併症から 93.2% が解放された1
  • 有効性:MultiPoint™ ペーシングの技術は、両室(BiV)に対しノンレスポンダー率が非劣性であることを示した1
ノンレスポンダーからレスポンダーへの転換1

サブ解析研究では、より広い陰極間隔とほぼ同時発生の心室内タイミング遅延が最適であることが示されました。MultiPoint™ ペーシング技術が 30 mm 以上の陰極間隔と左室(LV)遅延 5 ms でプログラムされた場合の結果は、次のとおりです。

  • CRT へのレスポンス率は最大 87%、スーパーレスポンダー率は最大 54%(n = 52)1
  • ノンレスポンダーはレスポンダーとなった(8 人中 8 人の患者)1

米国 IDE 試験の結論は次のとおりです。

  • MultiPoint™ ペーシング技術はより安全で効果的1
  • 登録患者集団は、4 極 BiV ペーシングに対して高いレスポンス率を示した1
  • この患者集団に対する MultiPoint™ ペーシング技術のレスポンス率は、左室電極間隔を広く、心室内遅延を短く設定した場合に最大になる1

 

graph showing non-responder is greater than responder
CRT へのレスポンス率改善に関する追加研究2-4

いくつかの研究は、MultiPoint™ ペーシングにより CRT へのレスポンス率が改善する可能性を示しています。

graph showing the responder rates
12 ヵ月で CRT へのレスポンス率が改善

Zanon らは、MultiPoint™ ペーシングで最適化された患者 20 人、従来の BiV ペーシングで最適化された患者 36 人、および最適化されていない BiV 患者 54 人を比較しました2。 反応に関する 3 つの測定項目について、12 ヵ月で、非最適化 BiV から最適化された BiV、最適化された MultiPoint™ ペーシングへの反応の明確な進行が結果として示されました。

  • ESV 15% 未満に対する MultiPoint™ ペーシングのレスポンス率は 90%2
  • Packer score における MultiPoint™ ペーシングのレスポンス率は 90%2
graph showing optimized response proportions

ΔESVi、ΔNYHA および PACKER のレスポンス率。レスポンスはベースラインに対するフォローアップで、ΔESVi 15% 以上、ΔNYHA クラス 0 超え、PACKER score は 0 を示します。垂直セグメントは、推定割合の 95% 信頼区間(CI)を表します。

CRT へのレスポンス率に関する追加の臨床データ
  • 12 ヵ月後、従来の BiV 患者群の 57% および MultiPoint™ ペーシング患者群の 76% が陽性レスポンダーとして分類された3
  • MultiPoint™ ペーシング群では NYHA ステージも大幅に改善した3
graph showing the difference between conv. Bipolar, quadripolar mpp minus, and quadripolar mpp plus
graph showing the difference between conv. Bipolar, quadripolar mpp minus, and quadripolar mpp plus
  • 収縮末期容積(ESV)の減少を基準に測定した場合、12 ヵ月間でのノンレスポンダーの相対的減少率は 44% だった4
  • ESV 低下を基準に測定した場合、12 ヵ月間で絶対レスポンス率は 19% 増加した5
graph showing the response definition between a conventional group and a multi point pacing group
graph showing the response rate between a conventional group and a multi point pacing group
MultiPoint™ ペーシングは心臓機能と血行動態を改善

複数の研究により、MultiPoint™ Pacing(MPP™)の技術が電気的伝播、急性血行動態および同期不全を改善したことが示されました2,6-11

MultiPoint™ ペーシング技術は以下の効果も示しています。
ESV 減少および EF の改善

複数の研究が 6 ヵ月で QRS 時間、駆出率(EF)および収縮末期容積(ESV)の改善を示しました4,6,7

血行動態8,9 および急性血行動態反応を改善6,10
  • MultiPoint™ ペーシング技術により、圧変化、1 回仕事量、 1 回拍出量、駆出率が有意に改善6
  • MultiPoint™ ペーシング技術は急性拡張機能を改善し、dP / dtmin、緩和時定数および拡張末期圧を有意に低下させた6
  • MultiPoint™ ペーシングは、急性左室血行動態パラメータを改善した6
  • MultiPoint™ ペーシングは、血行動態パフォーマンスを改善した9
  • 血行動態の改善は、1 ヵ月の研究期間中継続した9
  • 多点ペーシングにおいて調査したすべての設定のうち 72% が、BiV ペーシングと比較し高い左室 dP/dtmax を示した11
急性心収縮能の改善8

4 極左室リードを介して伝達される MultiPoint™ ペーシングにより、大部分の対象患者の急性心収縮能が、当社の従来の CRT と比較し有意に改善しました。

心エコーでの同期不全が減少7
  • 少なくとも 1 つの MultiPoint™ ペーシング設定において、患者の 63% で同期不全の有意な改善が見られた。
  • 最適な MultiPoint™ ペーシング設定により、遅延した長期収縮を伴う左室セグメントの平均値が有意に減少した。

MultiPoint™ ペーシングはより安全であり、当社の従来の CRT と比較して心エコーでの同期不全が大幅に減少しました。

包括的な心不全管理を実現

Quadra Allure MP™ CRT-P は、当社の心不全治療の 1 つです。当社は、技術開発によって優れた臨床転帰およびワークフローと効率の向上を達成し、心不全治療に変革をもたらすことをビジョンとして掲げています。当社の心不全管理に対するアプローチの詳細をご覧ください。

 
REFERENCES

1.Tomassoni, G., Baker II, J., Corbisiero, R., Love, C., Martin, D., Sheppard, R., Worley, S., Varma, N., & Niazi, I. (2016, May). Safety and efficacy of multipoint pacing in cardiac resynchronization therapy: The MultiPoint Pacing (MPP) IDE Study.Presented at the meeting of the Heart Rhythm Society, San Francisco, CA, LBCT 01-03. 

2.Zanon, F., Marcantoni, L., Baracca, E., Pastore, G., Lanza, D., Aggio, A., … Prinzen, F. (2016). 

3.Pappone, C., Calovic, Z., Cuko, A., McSpadden, L. C., Ryu, K., Baldi, M., … Santinelli, V. (2013).Multisite left ventricular pacing in a single coronary sinus branch improves 3-month echocardiographic and clinical response to cardiac resynchronization therapy.Journal of Cardiac Failure, 19(8S), S26. http://dx.doi.org/10.1016/j.cardfail.2013.06.087

4.Ypenburg, C., van Bommel, R., J., Borlefs, C. J., Bleeker, G. B., Boersma, E., Schalij, M. J., & Bax, J. J. (2009).Long-term prognosis after cardiac resynchronization therapy is related to the extent of left ventricular reverse remodeling at midterm follow-up.Journal of the American College of Cardiology, 53(6), 483-490.http://dx.doi.org/10.1016/j.jacc.2008.10.032

5.Endrj, M., Ballari, G. P., Goletto, C., Rossetti, G., & Vado, A. (2015).Characterization of ventricular activation pattern and acute hemodynamics during multipoint left ventricular pacing.Heart Rhythm, 12(8), 1762-1769.http://dx.doi.org/10.1016/j.hrthm.2015.04.029

6.Pappone, C., Calovic, Z., Vicedomini, G., Cuko, A., McSpadden, L. C., Ryu, K., … Santinelli, V. (2014).Multipoint left ventricular pacing improves acute hemodynamic response assessed with pressure-volume loops in cardiac resynchronization therapy patients.Heart Rhythm, 11(3), 394-401. http://dx.doi.org/10.1016/j.hrthm.2013.11.023

7.Rinaldi, C. A., Kranig, W., Leclercq, C., Kacet, S., Betts, T., Bordachar, P., … Nagvi, T. Z. (2013).Acute effects of multisite left ventricular pacing on mechanical dyssynchrony in patients receiving cardiac resynchronization therapy.Journal of Cardiac Failure, 19(11), 731-738. http://dx.doi.org/10.1016/j.cardfail.2013.10.003

8.Rinaldi, C. A., Leclercq, C., Kranig, W., Kacet, S., Betts, T., Bordachar, P., … Magvi, T. Z. (2014).Improvement in acute contractility and hemodynamics with Multipoint pacing via a left ventricular quadripolar pacing lead.Journal of Interventional Cardiac Electrophysiology, 40(1), 75-80. http://dx.doi.org/10.1007/s10840-014-9891-1

9.Gutleben, K., Kranig, W., Barr, C., Morgenstern, M., Simon, M., & Lee, K. (2012, May).Multisite left ventricular pacing is safe and improves cardiac hemodynamic in heart failure patients–Results from a 1-month follow-up study.Presented at the meeting of the Heart Rhythm Society, Boston, MA.

10.Pappone, C. (2014, May).Multipoint left ventricular pacing in cardiac resynchronization therapy Patients provides similar acute hemodynamic improvement regardless of QRS duration or lead location.Presented at the meeting of the Heart Rhythm Society, San Francisco, CA.

11.Thibault, B., Dubuc, M., Khairy, P., Guerra, P. G., Macle, L, Rivard, L., … Farazi, T. G. (2013).Acute haemodynamic comparison of multisite and biventricular pacing with a quadripolar left ventricular lead.Europace, 15(7), 984-991. http://dx.doi.org/10.1093/europace/eus435

Quadra Allure MP™ CRT-P

 

モデル番号

寸法(高さ×幅×厚さ、mm)

重量(g)

ボリューム(cc)

コネクタ

PM3562

56 x 59 x 6

27

15

IS4-LLL、IS-1

AM-CV-JP-WEB-0038-Rev. A

外部サイトへジャンプします

このリンク先の情報は、各サイト制作者の責任で作成されているた
め、アボットグループではリンク先のサイトにおける個⼈情報保護
や掲載されている情報にかんして責任をおいかねます。

このサイトに接続しますか?

このウェブサイトを離れ、アボットの別の国のサイトもしくは特定地域向けのサイトに移行しようとしています。

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトは、そのサイトに記載されている特定の国または国々の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのためサイトには、他の国々や地域では認められていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このまま当社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?

True
accessibility

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトに記載されている情報は、特定の国またはその国々の居住者を対象としています。

そのため、お客様がアクセスしようとしているウェブサイトには、他の国々や地域では承認されていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このままこのウェブサイトの閲覧を続けますか?

accessibility

このウェブサイトを離れ、アボットの別の国のサイトもしくは特定地域向けのサイトに移行しようとしています。

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトは、そのサイトに記載されている特定の国または国々の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのためサイトには、他の国々や地域では認められていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このまま当社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?

accessibility

外部サイトへジャンプします

このリンク先の情報は、各サイト制作者の責任で作成されているた
め、アボットグループではリンク先のサイトにおける個⼈情報保護
や掲載されている情報にかんして責任をおいかねます。

このサイトに接続しますか?