30
CARDIOVASCULAR
hamburger

植込み型補助人工心臓

植込み型補助人工心臓(LVAD)は、重症心不全患者さんのための血液ポンプです。このデバイスは、植込み後に患者さんの心臓の左心室が血液を全身に送り出すのを助けるように設計されています。LVAD は、心臓移植までのブリッジ治療(BTT)や、Destination Therapy として使用できます。LVAD は、薬物療法や体外式補助人工心臓などの補助循環法によっても継続した代償不全に陥っている重症心不全患者さんにとって重要な治療選択肢です。植え込んだ LVADは、患者さんの生活の質に影響を与える可能性があります。

植込み型補助人工心臓 HeartMate3

植込み型補助人工心臓 HeartMate3™ は薬物療法や体外式補助人工心臓などの補助循環法によっても継続した代償不全に陥っている重症心不全患者さんのうち、心臓移植適応の患者さんに対する心臓移植までの循環補助、又は心臓移植不適応の患者さんに対する長期循環補助として使用されます。Full MagLev™ Flow Technology(完全磁気浮上型ポンプ)を搭載した HeartMate 3 LVAD は、MOMENTUM 3 試験で示されたように、2 年後の生存率 79%、ポンプ血栓率 1% などに代表される良好な予後と安全性を実現しています1**

植込み型補助人工心臓 HeartMateII

植込み型補助人工心臓 HeartMateII は、心臓移植適応の重症心不全患者で、薬物療法や体外式補助人工心臓などの補助循環法によっても継続した代償不全に陥っており、かつ、心臓移植以外には救命が困難と考えられる症例に対して、心臓移植までの循環改善に使用されます。HeartMate II LVAD は 10 年以上にわたって蓄積されたデータに裏付けられており、本機器を植え込んだ患者さんは世界中で 27,000 人を超えています2,3

References

*Based on HeartMate 3™ LVAD highest published survival and lowest published stroke and thrombosis rates in a randomized controlled trial in the continuous-flow LVAD category of devices in the U.S.1,2-6

**HeartMate 3™ LVAD demonstrated superiority in event-free survival (primary endpoint) in the MOMENTUM 3 trial compared to HeartMate II™ LVAD.

  1. Mehra M, Uriel N, Naka Y, et al. A Fully Magnetically Levitated Ventricular Assist Device-Final Report. N Engl J Med. 2019;380:1618-1627.
  2. Abbott data on file as of July 20, 2020.
  3. Based on clinical and device tracking data as of June 9, 2020.
  4. Rogers JG, Pagani FD, Tatooles AJ, Bhat G, Slaughter MS, Birks EJ, ... Gregoric ID. Intrapericardial left ventricular assist device for advanced heart failure. N Engl J Med. 2017;376(5):451-460.
  5. Markham DW. Two-year Outcomes in the ENDURANCE Supplemental Trial. American Heart Association (AHA) Annual Meeting; November 10, 2018; Chicago, IL.
  6. Uriel N. Long-Term Burden of Hemocompatibility Related Adverse Events in the MOMENTUM 3 Trial: Final Analysis of the 1028 Patient Cohort. The International Society for Heart & Lung Transplantation (ISHLT) Annual Meeting; April 4, 2019; Orlando, FL.

AM-CV-JP-WEB-0202-Rev. A | MAT-2113689 v1.0

外部サイトへジャンプします

このリンク先の情報は、各サイト制作者の責任で作成されているた
め、アボットグループではリンク先のサイトにおける個⼈情報保護
や掲載されている情報にかんして責任をおいかねます。

このサイトに接続しますか?

このウェブサイトを離れ、アボットの別の国のサイトもしくは特定地域向けのサイトに移行しようとしています。

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトは、そのサイトに記載されている特定の国または国々の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのためサイトには、他の国々や地域では認められていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このまま当社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?

True
accessibility

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトに記載されている情報は、特定の国またはその国々の居住者を対象としています。

そのため、お客様がアクセスしようとしているウェブサイトには、他の国々や地域では承認されていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このままこのウェブサイトの閲覧を続けますか?

accessibility

このウェブサイトを離れ、アボットの別の国のサイトもしくは特定地域向けのサイトに移行しようとしています。

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトは、そのサイトに記載されている特定の国または国々の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのためサイトには、他の国々や地域では認められていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このまま当社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?

accessibility

外部サイトへジャンプします

このリンク先の情報は、各サイト制作者の責任で作成されているた
め、アボットグループではリンク先のサイトにおける個⼈情報保護
や掲載されている情報にかんして責任をおいかねます。

このサイトに接続しますか?