30
CARDIOVASCULAR
hamburger

OCTについて

光干渉断層撮影法(OCT)は、近赤外線を用いて冠動脈の高解像度画像を優れた精度で撮影する画像診断法であり、冠動脈疾患の病変の特徴やプラークの組織性状を把握することが可能です。OCTでは高精度の測定が自動的に実行され、ステントのサイズ決定やステント留置後の至適化に役立ちます1

OCT Interface Visual
OCTのユーザインタフェース(PCI前のプルバック)
写真はAbbott社内資料

A - アンジオ同期はOCT断面画像の位置を表す
B - 血管の断面像

- ルーメンプロファイル(内腔面積の容積表示)
- 長軸ビュー

次世代イメージングの導入

Ultreon™ 1.0ソフトウェア

OCTを採用する理由

PCIのガイドとしてOCTとMLD MAXワークフローを使用することで、組織性状の評価、血管の前処置方針、ステントのサイズ決定の判断を左右する不明瞭な点が解消されます。こうした判断は最終的なステント拡張に影響するだけでなく2、有害事象の主要な予測因子となります3

 

MLD MAXについて

MLD MAXは標準化された段階的な新規のOCTワークフローで、PCI施行前後における治療判断の指針となります。

6文字からなるMLD MAXは、最大限のステント拡張を行って最適な結果を得るというPCIの目標における6段階を表しています。PCI施行前に行われる最初の3段階(MLD)は治療方針の参考となること、またPCI施行後に行われる残りの3段階(MAX)はステント留置を至適化することを目的としています。MLD MAXは LightLab Clinical Initiative.の一環として開発されたものです。

最適な拡張を得ることによってPCI施行時の主要な心臓有害事象の発現率を軽減できることが証明されています2。画像診断により確認される適切な拡張状態は、安全性と有効性の点で有益です4

PCI前のOCT 方針決定

Morphology
(組織性状)

高度石灰化を特定1

Length
(病変長)

健康な組織/EEL可視化によってランディングゾーンを選択2

Diameter
(血管径)    

血管径、ステント径、バルーン径を測定1

基準:
180度超、厚さ0.5 mm超、長さ5 mm超

健康な組織(EEL可視化)にランディングゾーンを設定

注:健康な組織にあたるEELが認められない場合には、TCFAの領域または脂質プールを避けて最大の内腔を特定し、これらの高リスク領域へのステントエッジの配置を避ける3

遠位基準測定値を使用してステント径を選択

遠位バルーンでは遠位基準測定値を使用、近位バルーンでは近位基準測定値を使用

PCI後のOCT 最適化

Medial Dissection
(中膜解離)

重大な解離に対処2

Apposition
(ステントアポジション)

広範な圧着不良に対処

Xpansion
(ステント拡張)

拡張を確認3,6

基準:
解離が中膜層を貫通、1四分円弧以上

基準:
圧着不良インジケータに長さ3 mm4を超える顕著な(壁部から0.3 mm以上5)圧着が認められる

基準:
80%以上で可、90%以上で最適

1. Fujino, A. et al. A new optical coherence tomography-based calcium scoring system to predict stent under expansion. EuroIntervention, April 2018; 13(18):e2182-e2189. 2. Prati, F. et al. The CLI-OPCI II Study. JACC: Cardiovascular Imaging, 2015: Vol 8, No. 11:1297-305. 3. Kubo, T. et al. Application of Optical Coherence Tomography in Percutaneous Coronary Intervention. Circulation Journal, September 2012: Vol. 76, 2076-2083. 4. Ali, Z. et al. ILUMIEN III: Optimize PCI. Lancet 2016, 388:2618-2628. 5. Souteyrand, G. et al. PESTO French Registry. European Heart Journal, 2016:37:1208-1216. 6. Meneveau, N. et al. DOCTORS Study. Circulation, September 2016, 134:906-917.; Zhang, J. et al. The ULTIMATE Trial. Journal of the American College of Cardiology, Dec 2018: Vol 72, No 24:3126-37.; Russo, R. et al. The AVID Trial. Circ Cardiovasc Intervent, April 2009; 2:113-123.; De Jaegere, P. et al. MUSIC Study. European Heart Journal, February 1998:19,1214-1223.

参考文献

  1. Reyes, M. The next innovation in PCI is not a stent. The value of OCT. CathLab Digest. Oct 6, 2019. Volume 27, Issue 10.
  2. Räber L, et al. Clinical use of intracoronary imaging. Part 1: guidance and optimization of coronary interventions. An expert consensus document of the European Association of Percutaneous Cardiovascular Interventions. Eur Heart J. 2018;39(35):3281-3300.
  3. Bezerra, H. et al: Analysis of changes in decision-making process during OCT-guided PCI -Insights from the LightLab Initiative. EuroPCR2020 Presentation.
  4. Zhang J, et al. Intravascular ultrasound versus angiography-guided drug-eluting stent implantation: the ULTIMATE trial. J Am Coll Cardiol. 2018;72(24):3126-3137.
医療関係者向け情報提供サービス登録はこちら

MAT-2112776 v1.0

外部サイトへジャンプします

このリンク先の情報は、各サイト制作者の責任で作成されているた
め、アボットグループではリンク先のサイトにおける個⼈情報保護
や掲載されている情報にかんして責任をおいかねます。

このサイトに接続しますか?

このウェブサイトを離れ、アボットの別の国のサイトもしくは特定地域向けのサイトに移行しようとしています。

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトは、そのサイトに記載されている特定の国または国々の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのためサイトには、他の国々や地域では認められていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このまま当社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?

True
accessibility

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトに記載されている情報は、特定の国またはその国々の居住者を対象としています。

そのため、お客様がアクセスしようとしているウェブサイトには、他の国々や地域では承認されていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このままこのウェブサイトの閲覧を続けますか?

accessibility

このウェブサイトを離れ、アボットの別の国のサイトもしくは特定地域向けのサイトに移行しようとしています。

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトは、そのサイトに記載されている特定の国または国々の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのためサイトには、他の国々や地域では認められていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このまま当社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?

accessibility

外部サイトへジャンプします

このリンク先の情報は、各サイト制作者の責任で作成されているた
め、アボットグループではリンク先のサイトにおける個⼈情報保護
や掲載されている情報にかんして責任をおいかねます。

このサイトに接続しますか?