30
CARDIOVASCULAR
hamburger
CMD Information for Interventional Cardiologists

CMDの診断方法

CATH CMDの提唱

CMD診断をカテーテル室で実施する場合、各手順における注意点として、CATH CMDというコンセプトがTCT2022で提唱されました。

診断に使用するデバイスの詳細はこちらをご参照ください。

測定時に使用する医療機器

 

(推奨併用)

  • サイドホール無しの6Frガイディングカテーテル
  • 生食(血中温度より8度以上低いもの1、室温程度)

    ※冷水使用はスパスムを引き起こす恐れ

 

CFR/IMR測定のメカニズム~熱希釈法を用いた測定方法~  

PressureWire™ X Guidewireは近位部および遠位部の温度を感知しており、室温の生食を冠動脈に注入すると、近位部および遠位部センサーを通過する生食の温度変化を検出します。冠動脈の血流は、近位部および遠位部で感知された生食の温度変化の時間に基づいて推定されます。

生食が近位部および遠位部を通過するのにかかる時間(秒)は、平均通過時間(Tmn)として記録されます

 

熱希釈法を用いたCFR/IMRの計算式~Tmnの活用~

CFRは、冠動脈における通常の安静時血流に対する最大充血時の血流増加量を示します2

 

計算式:

計算式

 

IMRは標的血管の微小循環抵抗の程度を示しており3、 IMR値の基準は、25を超えると微小循環障害の度合いが高いと判断されています4

 

計算式:

計算式

CFR/IMRの測定手順

安静時と最大充血時にそれぞれ3回ずつ2-6ccの生食を注入することで自動計測されます。

IMRとCFR の測定手順

CMD診断の実際

INOCA診断 ~岐阜ハートセンターにおけるアセチルコリン負荷試験の一例~

【アセチルコリン負荷】岐阜ハートセンター_CMD測定動画

 

INOCA診断 ~岐阜ハートセンターにおけるCMD測定手順の一例~

CMD診断検査実施施設

CMD検査実施施設」は こちらから

参照

  1. Nico H.J. Pijls et al. Coronary Thermodilution to Assess Flow Reserve. Circulation. 2002;105(21):2482-2486.
  2. De Bruyne et al. Coronary Thermodilution to Assess Flow Reserve Experimental Validation. Circulation. 2001;104:2003-2006.
  3. Fearon et al. Novel Index for Invasively Assessing the Coronary Microcirculation. Circulation 2003;107:3129-3132.
  4. Ford et al. 1-Year Outcomes of Angina Management Guided by Invasive Coronary Function Testing (CorMicA). JACC 2020; Vol 13, 33-45. 

MAT-2214575 v1.0

外部サイトへジャンプします

このリンク先の情報は、各サイト制作者の責任で作成されているた
め、アボットグループではリンク先のサイトにおける個⼈情報保護
や掲載されている情報にかんして責任をおいかねます。

このサイトに接続しますか?

このウェブサイトを離れ、アボットの別の国のサイトもしくは特定地域向けのサイトに移行しようとしています。

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトは、そのサイトに記載されている特定の国または国々の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのためサイトには、他の国々や地域では認められていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このまま当社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?

True
accessibility

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトに記載されている情報は、特定の国またはその国々の居住者を対象としています。

そのため、お客様がアクセスしようとしているウェブサイトには、他の国々や地域では承認されていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このままこのウェブサイトの閲覧を続けますか?

accessibility

このウェブサイトを離れ、アボットの別の国のサイトもしくは特定地域向けのサイトに移行しようとしています。

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトは、そのサイトに記載されている特定の国または国々の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのためサイトには、他の国々や地域では認められていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このまま当社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?

accessibility

外部サイトへジャンプします

このリンク先の情報は、各サイト制作者の責任で作成されているた
め、アボットグループではリンク先のサイトにおける個⼈情報保護
や掲載されている情報にかんして責任をおいかねます。

このサイトに接続しますか?