30
CARDIOVASCULAR
hamburger
Coronary Microvascular Dysfunction (CMD) HCP Information

冠微小循環障害(CMD)とは

血管造影では全てを診ることができない

狭心症は、世界中の1億1,200万人以上の人々が有していると言われています1
慢性冠症候群(CCS)は大きく3つの原因があり、これらの因子がそれぞれ単独、または併発することによって狭心症状を引き起こします。

  1. 器質的冠動脈疾患:労作性狭心症など、動脈硬化の亢進による心外膜血管の狭窄・閉塞
  2. 機能的冠動脈疾患:冠攣縮性狭心症(VSA/CSA)
  3. 冠微小血管障害(CMD):500㎛以下の微小血管における器質的・機能的異常
冠微小循環障害(CMD)

 

狭心症を有する患者さんの多くは、心外膜血管を評価し、狭心症の原因を究明するために冠動脈造影検査を受けます1。しかしながら、冠動脈造影だけでは全ては診えず、心外膜血管のみの評価に限定されてしまいます。特にCMDは冠動脈造影で確認することが困難な非閉塞性冠動脈疾患(INOCA:Ischemia with Non-Obstructive Coronary Arteries)においても最大50%確認されており、術前検査や冠動脈造影において、その存在が見過ごされていることも少なくありません2

冠微小循環障害(CMD)

冠微小循環障害(CMD)のリスク

CMDは死亡に繋がる恐れがあり、実際にCMD罹患の患者さんにおいては、CMDではない人と比較して3年時点での死亡が約4倍、冠動脈疾患のリスクが約5倍以上に高まることが報告されています。

冠血流予備能(CFR)

※MACE:major adverse cardiac event(s)

INOCAの診断および管理ガイドライン

INOCA症例において従来の血管造影検査に加え、冠攣縮誘発試験、CMD診断を包括的に実施することで、狭心症スコアが27%改善されたということがCorMicA試験の結果として報告されました5

主要評価項目

 

CorMicA試験の結果をもとに欧州におけるINOCAの診断フローとして、包括的な機能評価が推奨されています1

従来の血管造影検査に加え、冠攣縮誘発試験、CMD診断を包括的に実施することで、INOCAを層別化します。それに応じた管理によって、患者さんのQOL改善が期待されます。

 

INOCAへの診断フロー

 

 

参照

  1. Kunadian, V., et al. An EAPCI Expert Consensus Document on Ischaemic with Non-Obstructive Coronary Arteries in Collaboration with European Society of Cardiology Working Group on Coronary Pathophysiology & Microcirculation Endorsed by Coronary Vasomotor Disorders International Study Group. European Heart Journal. 2020; 0:1-21.
  2. Marinescu, MA., et al. Coronary microvascular dysfunction and microvascular angina: a systematic review of therapies. JACC Cardiovasc Imaging. 2015;8:210-220.
  3. Taqueti et al. Coronary Microvascular Disease Pathogenic Mechanisms and Therapeutic Options. JACC 2018.
  4. Gdowski M, et al. Association of Isolated Coronary Microvascular Dysfunction With Mortality and Major Adverse Cardiac Events: A Systematic Review and Meta-Analysis of Aggregate Data. JAHA. 2020; 9:e014954.
  5. Ford, T.J. et al. 1-Year Outcomes of Angina Management Guided by Invasive Coronary Function Testing (CorMicA).  J Am Coll Cardiol Intv. 2020;13(1):33-45.

MAT-2214572 v1.0

外部サイトへジャンプします

このリンク先の情報は、各サイト制作者の責任で作成されているた
め、アボットグループではリンク先のサイトにおける個⼈情報保護
や掲載されている情報にかんして責任をおいかねます。

このサイトに接続しますか?

このウェブサイトを離れ、アボットの別の国のサイトもしくは特定地域向けのサイトに移行しようとしています。

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトは、そのサイトに記載されている特定の国または国々の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのためサイトには、他の国々や地域では認められていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このまま当社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?

True
accessibility

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトに記載されている情報は、特定の国またはその国々の居住者を対象としています。

そのため、お客様がアクセスしようとしているウェブサイトには、他の国々や地域では承認されていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このままこのウェブサイトの閲覧を続けますか?

accessibility

このウェブサイトを離れ、アボットの別の国のサイトもしくは特定地域向けのサイトに移行しようとしています。

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトは、そのサイトに記載されている特定の国または国々の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのためサイトには、他の国々や地域では認められていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このまま当社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?

accessibility

外部サイトへジャンプします

このリンク先の情報は、各サイト制作者の責任で作成されているた
め、アボットグループではリンク先のサイトにおける個⼈情報保護
や掲載されている情報にかんして責任をおいかねます。

このサイトに接続しますか?