30
CARDIOVASCULAR
hamburger

Agilis NxT スティーラブルシース

心腔内のアクセス困難な領域にも到達可能

Agilis NxT スティーラブルシース‌‌は、固定カーブのイントロデューサーに代わるソリューションとして設計されています。安定したプラットフォームを提供してカテーテルの操作性と心筋との接触力を改善することで、心腔内のアクセス困難な領域への到達をサポートします。スティーラブルシースの先端部は調整が可能なため、1 つのシースで様々なアプロ―チに対応できます1

Agilis NxT steerable introducer
Closeup of the Agilist NxT steerable introducer tail
Closeup of the Agilist NxT steerable introducer device tip

機敏さと安定性の向上を体感

Agilis NxT スティーラブルシースは細径化と高性能を兼ね備え、電気生理学診断もしくは治療における優れたカテーテルコントロールが得られます2

このスティーラブルシースはさまざまなカテーテルの心腔内への挿入に使用され、到達困難な部位へのアクセス(経心房中隔による左心房へのアプローチを含む)を改善します。目標とする部位に到達するためにシースを交換する必要がなくなります3

特長

  • S カーブ(16.8 mm)、M カーブ(22.4 mm)、L カーブ(50.0 mm)など、複数のカーブの選択が可能
  • 外径の細径化と 8.5 F の広い内径により、さまざまなカテーテルの通過が容易
  • Dual-Reach™ による双方向の 180˚/90˚ ディフレクションは非対称の曲げが可能になり、シャフトのトルクが低下し可動性が向上
  • オートロック機能により、複雑な症例中にカーブ動作を低減4
  • ブレード構造のシャフトにより、優れたトルク伝達性、押し込み性能およびキンク耐性
  • 放射線不透過性の先端マーカーによって透視検査における可視性が向上
  • Ultimum™ 止血弁は効果的な止血を可能にし、0.014 インチガイドワイヤまで閉鎖
  • 89 cm および 98 cm BRK™ と BRK-1™ 経中隔ニードルに適合 
  • 人間工学に基づいたハンドルによって快適さを実現
  • 複雑で長時間の手技でのキンク耐性の向上(G4083xx モデル)

 

販売名:アジリスNxTイントロデューサー 承認番号:22000BZX01027000

製造販売元:アボットメディカルジャパン合同会社

Indications, Safety & Warnings

References

  1. Piorkowski, C., Eitel C., Rolf, S., Bode, K., Sommer, P., Gaspar, T., … Hindricks, G.(2011). Steerable versus non-steerable sheath technology in AF ablation: A prospective, randomized study. Circulation, 4(2), 157-65. http://dx.doi.org/10.1161/CIRCEP.110.957761
  2. Piorkowski, C., Kottkamp, H., Gerds-Li, J. H., Arya, A., Sommers, P., Dagres, N., Hindricks, G. (2008). Steerable sheath catheter navigation for ablation of atrial fibrillation: A case-control study. Pacing and Clinical Electrophysiology, 31(7), 863-873. http://dx.doi.org/10.1111/j.1540-8159.2008.01101.x
  3. Masuda, M., Fujita, M., Iida, O., Okamoto, S., Ishihara, T., Nanto, K., . . . Uematsu, M. (2016). Steerable versus non-steerable sheaths during pulmonary vein isolation: Impact of left atrial enlargement on the catheter–tissue contact force. Journal of Interventional Cardiac Electrophysiology, 47(1), 99-107. http://doi.org/10.1007/s10840-016-0135-4
  4. Abbott. Data on file. Report 90130988

AM-CV-JP-WEB-0199-Rev. A | MAT-2113634 v1.0

外部サイトへジャンプします

このリンク先の情報は、各サイト制作者の責任で作成されているた
め、アボットグループではリンク先のサイトにおける個⼈情報保護
や掲載されている情報にかんして責任をおいかねます。

このサイトに接続しますか?

このウェブサイトを離れ、アボットの別の国のサイトもしくは特定地域向けのサイトに移行しようとしています。

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトは、そのサイトに記載されている特定の国または国々の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのためサイトには、他の国々や地域では認められていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このまま当社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?

True
accessibility

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトに記載されている情報は、特定の国またはその国々の居住者を対象としています。

そのため、お客様がアクセスしようとしているウェブサイトには、他の国々や地域では承認されていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このままこのウェブサイトの閲覧を続けますか?

accessibility

このウェブサイトを離れ、アボットの別の国のサイトもしくは特定地域向けのサイトに移行しようとしています。

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトは、そのサイトに記載されている特定の国または国々の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのためサイトには、他の国々や地域では認められていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このまま当社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?

accessibility

外部サイトへジャンプします

このリンク先の情報は、各サイト制作者の責任で作成されているた
め、アボットグループではリンク先のサイトにおける個⼈情報保護
や掲載されている情報にかんして責任をおいかねます。

このサイトに接続しますか?