30
CARDIOVASCULAR
hamburger

XIENCE™ステントのフルオロポリマー1-5

XIENCE™ステントに用いられているフルオロポリマーは、フルオロパッシベーションにより、急性期にポリマー表面にアルブミンを吸着することで、血栓性のたんぱく質の結合を阻害することが示されています。​

XIENCE™ステントの一貫して低い血栓症率は、フルオロポリマーの抗血栓性が寄与している可能性があります。フルオ ロポリマーは高い生体適合性と、耐久性、堅牢性を備えています。​

フルオロポリマーの抗血栓性1-5

フルオロパッシベーション

xience stent

フルオロポリマーの生体適合性6

ステント留置後1~5年のヒト剖検例における炎症スコア分布によると、XIENCE™ ステントはBMSや第一世代 DESと比較して炎症スコアが有意に低い結果となりました。​

xience stent

ポリマーの耐久性とインテグリティ​

フルオロポリマーは柔軟性と堅牢性のバランスに優れており、過拡張をしてもポリマーのひび割れが少なく、表面が滑らかです。​

写真:3.5mmのXIENCE Sierra™(XIENCE Skypoint™と同等)を5.5mmまで拡張した際のステント表面(代表例)​

XIENCE Stent

急性期における抗血栓性​

ブタAVシャントモデルを用いた非臨床試験7

アスピリン投与下でのシャントモデルにて各種DESへの血小板付着を比較したところ、XIENCE™ ステントは有意に血小板の付着が少ない結果となりました。​

 

※XIENCE Skypoint™ 3.0mmと同じステントプラットフォームを使用しています​

XIENCE Stent

XIENCE™ステント留置後の早期血管反応を観察した試験​

MECHANISM AMI8

XIENCE™ ステントは留置早期において、非被覆ストラット、血栓付着ともに有意に低減しました。​

xience stent
xience stent

本WEBページ上の製品画像は全てイメージ図です。実際の縮尺とは違いがあります。

 

販売名:XIENCE Skypoint 48 薬剤溶出ステント
医療機器承認番号:30200BZX00330000
分類:高度管理医療機器
特定保険医療材料分類:冠動脈用ステントセット・再狭窄抑制型

販売名:XIENCE Skypoint 薬剤溶出ステント
医療機器承認番号:30200BZX00320000
分 類:高度管理医療機器
特定保険医療材料分類:冠動脈用ステントセット・再狭窄抑制型

販売名:XIENCE Sierra 薬剤溶出ステント
医療機器承認番号:23000BZX00091000
分 類:高度管理医療機器
特定保険医療材料分類:冠動脈用ステントセット・再狭窄抑制型

販売名:XIENCE Xpedition 薬剤溶出ステント
医療機器承認番号:22500BZX00309000
分類:高度管理医療機器
特定保険医療材料分類:冠動脈用ステントセット・再狭窄抑制型

 

References

  1. Otsuka F, et al., JACC Cardiovasc Interv. 2015; 8(9): 1248-60​
  2. Garfinkle AM, et al. Trans Am Soc Artif Intern Organs. 1984; 30: 432-439​
  3. Kolandaivelu K, et al. Circ. 2011; 123(13): 1400-1409​
  4. Chinn JA, et al. J Biomed Mater Res. 1998; 39(1): 130-140​
  5. Ao. PY., et al. Development of intimal hyperplasia in six different vascular prostheses . Eur J Vasc Endovasc Surg. 2000, 20, 241-249. tissue compatibility of modified polyester: Thrombosis, inflammation, and healing. J Biomed Materi Red. 39. 130-140. 1998Mori H, et al. Journal of the American Heart Association 6.11 (2017) : e007244​
  6. Mori H, et al. Journal of the American Heart Association 6.11 (2017): e007244​
  7. Jinnouchi H, et al. J Am Coll Cardiol. 2019;74:(Suppl B):TCT-291​
  8. Morino Y, et al. Cardiovasc Interv Ther 2019; 34: 14-24​

MAT-2215233 v1.0

外部サイトへジャンプします

このリンク先の情報は、各サイト制作者の責任で作成されているた
め、アボットグループではリンク先のサイトにおける個⼈情報保護
や掲載されている情報にかんして責任をおいかねます。

このサイトに接続しますか?

このウェブサイトを離れ、アボットの別の国のサイトもしくは特定地域向けのサイトに移行しようとしています。

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトは、そのサイトに記載されている特定の国または国々の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのためサイトには、他の国々や地域では認められていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このまま当社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?

True
accessibility

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトに記載されている情報は、特定の国またはその国々の居住者を対象としています。

そのため、お客様がアクセスしようとしているウェブサイトには、他の国々や地域では承認されていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このままこのウェブサイトの閲覧を続けますか?

accessibility

このウェブサイトを離れ、アボットの別の国のサイトもしくは特定地域向けのサイトに移行しようとしています。

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトは、そのサイトに記載されている特定の国または国々の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのためサイトには、他の国々や地域では認められていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このまま当社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?

accessibility

外部サイトへジャンプします

このリンク先の情報は、各サイト制作者の責任で作成されているた
め、アボットグループではリンク先のサイトにおける個⼈情報保護
や掲載されている情報にかんして責任をおいかねます。

このサイトに接続しますか?