CARDIOVASCULAR
hamburger

植込み型両心室ペースメーカ(CRT-P)とは

ペースメーカとは、徐脈を検出したときや心拍が検出されなかったときに心臓に電気的刺激を送る、植込み型で電池式 の小型コンピュータです。遅い心拍または心拍の欠落を感知すると、正常な調律を回復させるため心臓に電気的刺激を送ります。

植込み型両心室ペースメーカ(CRT-P)は、電気的刺激を送って左右の心室をペーシングすることにより、心臓が効果的かつ効率的に血液を送出する能力を改善することで、心不全を治療します。

ペースメーカの仕組み

ジェネレータと呼ばれるペースメーカ本体とペースメーカリードの 2 つを組み合わせて使用します。 これらに加え、ペースメーカ治療では、ジェネレータと通信し、プログラムの書き込みまたは設定の調節を行う外部のプログラマ(コンピュータ)を使用する場合があります。

  • ジェネレータ:心臓へ電気的刺激を送り、心拍が正常な調律になるよう刺激するバッテリーと電子回路を含んでいます。通常、胸の上部の皮下に植え込まれますが、腹部の皮下に植え込まれる場合もあります。
  • ペースメーカリード:リードは、ジェネレータから心臓まで配線される、細く柔軟な絶縁線です。リードは心臓の調律を検出し、この情報をジェネレータに送信します。従来のペースメーカには、心臓の右側に配置される 1 本または 2 本のリードが備わっています。CRT-P にはさらに、心臓の左側に配置されるリードが備わっています。このリードにより、左心室を右心室と同時に拍動させます。
  • ペースメーカプログラマ:プログラマは、ジェネレータと通信するために設計されているコンピュータです。プログラマは、医師が特定のニーズに合わせて治療を調節することを可能にします。医師はペースメーカに保存されている情報をダウンロードし、必要に応じてペースメーカの設定を変更することができます。

一部のペースメーカには、病院やクリニックと無線で通信し、遠隔モニタリングで情報を送信する機能が備わっています。

 

AM-CV-JP-WEB-0083-Rev. A

外部サイトへジャンプします

このリンク先の情報は、各サイト制作者の責任で作成されているた
め、アボットグループではリンク先のサイトにおける個⼈情報保護
や掲載されている情報にかんして責任をおいかねます。

このサイトに接続しますか?

このウェブサイトを離れ、アボットの別の国のサイトもしくは特定地域向けのサイトに移行しようとしています。

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトは、そのサイトに記載されている特定の国または国々の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのためサイトには、他の国々や地域では認められていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このまま当社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?

True
accessibility

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトに記載されている情報は、特定の国またはその国々の居住者を対象としています。

そのため、お客様がアクセスしようとしているウェブサイトには、他の国々や地域では承認されていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このままこのウェブサイトの閲覧を続けますか?

accessibility

このウェブサイトを離れ、アボットの別の国のサイトもしくは特定地域向けのサイトに移行しようとしています。

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトは、そのサイトに記載されている特定の国または国々の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのためサイトには、他の国々や地域では認められていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このまま当社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?

accessibility

外部サイトへジャンプします

このリンク先の情報は、各サイト制作者の責任で作成されているた
め、アボットグループではリンク先のサイトにおける個⼈情報保護
や掲載されている情報にかんして責任をおいかねます。

このサイトに接続しますか?