MRI

条件付きMRI対応心臓植込み型デバイス検索

 

入力したシリアル番号:

 

MR icon

お問い合わせの心臓植込み型デバイスはMRIに対応しております。

 

* 2016年10月25日改訂
** 2018年1月5日改訂
*** 2019年6月10日改訂

デバイス種別ペースメーカ
アイソセンターの配置*spine graphic
ローカル送信専用コイル又は
ローカル送受信コイルの配置1
1.5T:頭部、下肢(ただし、臀部を除く)、手首に限ること
3.0T:ローカルコイルは受信のみ**
MRIタイプ1.5T/3.0Tトンネル型**
3.0Tで撮像する場合:RF励起はクワドラチャ(QD)/円偏波(CP)モードのみ
全身SAR≦2.0W/kg
頭部SAR≦3.2W/kg
最大傾斜スルーレート≦200T/m/s
空間最大傾斜≦30T/m
撮像時間制限なし**
患者様の体温平熱であり、体温調節機能に異常がないこと
条件付きMRI対応カード*

MRI pm 2 change card

変更後のカードは患者様に2016年10月~11月にかけて順次発送致します。
これに伴い赤いカードは存在しなくなります。
患者様がお持ちのカードの色に関わらず、上記に表示された撮像条件で検査を行って下さい。

MRI pm 3 card

今までに1.5T専用のカードを発行された患者様も3.0Tで撮像が行なえます。カードに貼るシールをご用意しております。
シールがご入用の場合は下記までご希望枚数とお届け先ご住所をご連絡下さい。
mrireadyjp@sjm.com

シール見本図
seal

 

1.受信専用コイルの使用に制限はありません。

 

条件付きMRI対応心臓植込み型デバイスを植え込んでから、

①他のMRI非対応デバイスの植込みがなかったか

②リードの感染などにより植え込んだリードが遺残リードになっていないか

をご確認ください。

MRI検査を受けられるのは認定施設のみです。

MRI検査の前後に条件付きMRI対応デバイスの設定変更が必要です。 設定変更は認定施設でないと行うことができません。

AM-CV-JP-WEB-0121-Rev. A