30
CARDIOVASCULAR
hamburger
product photo

医師との共同開発

カーディアックアブレーション製品に関するリーダー的存在であるアボットは、世界各地の医師とパートナーシップを築き、信頼性が高く快適に使用できるイリゲーションアブレーションカテーテルに対する臨床上のニーズに応えるべく取り組んできました。その結果として開発されたのが、FlexAbility™ カーディアックアブレーションカテーテル Sensor Enabled™(FlexAbility™ SE)です。

販売名:FlexAbility SE イリゲーションカテーテル
承認番号:22800BZX00449000
製造販売会社:アボットメディカルジャパン合同会社

柔軟性に富んだ先端、そして高度なシャフトとハンドルの組合せを備えた FlexAbility™ SE は、安全性や効果、耐久性に優れた予測可能な心臓アブレーションカテーテルを求める医療業界のニーズに応えるべく設計されたものです1-4*

FlexAbility™ SE は、アボットのマッピングおよびナビゲーションシステム (EnSite Precision™ カーディアック・マッピングシステムなど) に組み込むことで、治療の汎用性と精度を高めるよう設計されており、正確で詳細なモデルを容易に作成し5 、 効果的に焼灼巣を作成することができます2

FlexAbility™ SE の目的は、患者様に対してより安全に効果的な治療成績をもたらすことであり1-4 、また一貫性のある性能を発揮するとともに、(長時間の手技において重要となる)操作に伴う疲労を軽減することです6,9**

REFERENCES

*FlexAbility SE には、 FlexAbility アブレーションカテーテルと同じ柔軟性のある先端が採用されています。この先端は、ベンチテストと前臨床試験において、Therapy Cool Flex で使用される先端と同等の性能を持つことが示されました。
**Abbott Therapy™ Cool Flex™ アブレーションカテーテルと比較した場合。 
***Abbott Therapy™ Cool Path™ カテーテルと比較した場合。 
****ThermoCool™ SF カテーテル(Biosense Webster, Inc.)と比較した場合。 
1.Abbott.Data on file.Report  90058001. 
2.Abbott.Data on file.Report  90122753.Based on Therapy™ Cool Flex™ ablation catheter tip. 
3.Peichl, P., & Kautzner, J. (2013).Advances in irrigated tip catheter technology for treatment of cardiac arrhythmias. Recent Patents on Cardiovascular Drug Discovery8(1), 10-16. http://dx.doi.org/10.2174/1574890111308010003 
4.Winterfield, J. R., Jensen, J., Gilbert, T., Marchlinski, F., Natale, A., Packer, D., … Wilber, D. J. (2015).Lesion size and safety comparison between the novel flex tip on the FlexAbility ablation catheter and the solid tips on the ThermoCool and ThermoCool SF ablation catheters. Journal of Cardiovascular Electrophysiology, 27(1), 102-109. http://dx.doi.org/10.1111/jce.12835 
5.Abbott.Data on file.Report  90213470. 
6.Abbott.Data on file.Report  90213554. 
7.Abbott.Data on file.Report  90042968. 
8.Abbott.Data on file.Report  90139188. 
9.Abbott.Data on file.Report 90115246.

優れた性能を発揮するための設計

優れた効果をもたらす独自の先端であることを示すエビデンス*

FlexAbility™ SE では、定方向送液と先端温度モニタリングの機能を備えた柔軟な先端設計によって、
手技のリスクが低減されます1-3

  •  In vivo 比較試験で、FlexAbility SE では同等の焼灼巣が作成され、スチームポップ現象の発生は有意に少ないことが
    示されました**,3
  • 先端から 0.3 mm の位置に配された温度感知熱電対が、先端温度モニタリングのインジケータとして重要な役割を果たします3
  • 179 人の患者を対象とした多施設共同試験では、焦げや凝血塊の形成は観察されませんでした4
次世代の技術を採用したシャフト

FlexAbility™ SE のシャフトには優れた平面性、トルク応答、および耐久性を組み合わせた次世代の技術が採用されています***5,6

  • 近位部に設けられた新しいブレード構造により、優れたトルク性能を実現5
  • 新たに設計されたシャフトは、次の特徴を兼ね備えています。
    • より大きなカーブ角度(180~230 度)6***
    • 最適なトルク応答と偏向力***,5,6
  • 一方向ハンドルを選択すると、優れた直線復帰機能が得られます***,5,6
  • ワイヤ管理設計により、平面性が最大限に高められ、耐久性が大幅に向上します ***,6
包括的な不整脈管理

FlexAbility™ SE は、当社の包括的な不整脈管理ポートフォリオの一部です。FlexAbility™ SE は、当社の主な電気生理学製品の 1 つです。当社は、汎用性があり効果的な不整脈の診断、治療および管理に必要な選択肢を提供する独創的な設計で医療業界をリードしています。 不整脈の理解と管理について、当社は生涯にわたってパートナーとなります。不整脈管理に対する当社の取り組みの詳細をご覧ください。

REFERENCES

*FlexAbility SE には FlexAbility アブレーションカテーテルと同じ柔軟性のある先端が採用されています。この先端は、ベンチテストと前臨床試験において、Therapy Cool Flex で使用される先端と同等の性能を持つことが示されました。
**ThermoCool™ SF カテーテル(Biosense Webster, Inc.)と比較した場合。
***Abbott Therapy™ Cool Flex™ アブレーションカテーテルと比較した場合。
ThermoCool は Biosense Webster, Inc. の商標です。
1.Abbott.Data on file, Report 90058001.
2.Peichl, P., & Kautzner, J. (2013).Advances in irrigated tip catheter technology for treatment of cardiac arrhythmias. Recent Patents on Cardiovascular Drug Discovery8(1), 10-16. http://dx.doi.org/10.2174/1574890111308010003
3.Winterfield, J. R., Jensen, J., Gilbert, T., Marchlinski, F., Natale, A., Packer, D., Wilber, D. J. (2016).Lesion size and safety comparison between the novel flex tip on the FlexAbility ablation catheter and the solid tips on the ThermoCool and ThermoCool SF ablation catheters. Journal of Cardiovascular Electrophysiology27(1), 102-109. http://dx.doi: 10.1111/jce.12835
4.Abbott.Data on file, Report 90122753.Based on Therapy™ Cool Flex™ ablation catheter tip.
5.Abbott.Data on file, Report 90115246.
6.Abbott.Data on file, Report 90213554.

 

FlexAbility™ SE


モデル番号

説明

カーブタイプ

フレンチサイズ(F)

電極間隔(mm)

先端電極(mm)

長さ(cm)

A-FASE-DD

バイディレクショナル

D-D

8

1-4-1

4

115

A-FASE-DF

バイディレクショナル

D-F

8

1-4-1

4

115

A-FASE-FF

バイディレクショナル

F-F

8

1-4-1

4

115

A-FASE-FJ

バイディレクショナル

F-J

8

1-4-1

4

115

A-FASE-JJ

バイディレクショナル

J-J

8

1-4-1

4

115

A-FASE-D

ユニディレクショナル

D

8

1-4-1

4

115

A-FASE-F

ユニディレクショナル

F

8

1-4-1

4

115

A-FASE-J

ユニディレクショナル

J

8

1-4-1

4

115

 

AM-CV-JP-WEB-0030-Rev. A

外部サイトへジャンプします

このリンク先の情報は、各サイト制作者の責任で作成されているた
め、アボットグループではリンク先のサイトにおける個⼈情報保護
や掲載されている情報にかんして責任をおいかねます。

このサイトに接続しますか?

このウェブサイトを離れ、アボットの別の国のサイトもしくは特定地域向けのサイトに移行しようとしています。

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトは、そのサイトに記載されている特定の国または国々の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのためサイトには、他の国々や地域では認められていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このまま当社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?

True
accessibility

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトに記載されている情報は、特定の国またはその国々の居住者を対象としています。

そのため、お客様がアクセスしようとしているウェブサイトには、他の国々や地域では承認されていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このままこのウェブサイトの閲覧を続けますか?

accessibility

このウェブサイトを離れ、アボットの別の国のサイトもしくは特定地域向けのサイトに移行しようとしています。

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトは、そのサイトに記載されている特定の国または国々の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのためサイトには、他の国々や地域では認められていない医療品、医療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。

このまま当社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?

accessibility

外部サイトへジャンプします

このリンク先の情報は、各サイト制作者の責任で作成されているた
め、アボットグループではリンク先のサイトにおける個⼈情報保護
や掲載されている情報にかんして責任をおいかねます。

このサイトに接続しますか?